流し台の排水溝のゴミ受けはカゴじゃなくてよかったんだなぁ(Magicfour 水切りネットホルダー)


流し台の排水溝のゴミカゴって、ゴミが入ったうえにいつも濡れているので、どうしたってすぐばっちくなる。

うちの流し台のゴミ受けは、浅型のカゴでステンレス製のものだったのですけど、銅製のものが殺菌作用もあって、カゴやその下の排水トラップに汚れがつきにくいと聞いたので、交換していたのでした。

このカゴにストッキングタイプの水切りネットをかぶせていたのだけど、まぁ、結局のところ銅製とは言っても、ちょいちょい洗わないといけない。

ステンレスよりは汚れが付きにくいかもしれないけれど。

それと、銅はキッチンハイターなどの塩素系の洗剤だと、錆びるので使わない方が良いとのこと。

でも、ヌメヌメしているのにはキッチンハイターですよねー、ということでいつも使ってました。

まぁ、こうやって汚れてしまうのが、ゴミカゴの宿命だと思って日々掃除をするわけです。

ところがネットを見ていたら、このようなものを見つけたんですね。

カゴがない、ただネットを被せるだけの輪っか。


(しかもこれで1000円以上するのか…)

とは思ったのですけど、ゴミカゴの掃除から永遠にバイバイできるのか!と思い購入。

届いた中身は、確かに金属製の輪っかではあるのだけど、排水溝にはまって動かないようにちょっと奥行きがついている。

これに、これまで使っていたストッキングタイプの水切りネットを被せる。
被せる時に、ネットがピンと張った状態になってしまうと、ゴミを受ける面積が小さくなっちゃうから、少したるませた方がいいのかな?とかゴチャゴチャ考えながらも、結局適当につけてみた。

そのまま使ってみて、ある程度ゴミが流れ込んだ状態で確認してみたら、ネットが外れたりもせずちゃんと使えていた。

これでいいじゃん。ちゃんとゴミは集められているし、掃除も楽だし、ゴミカゴの目詰まりに遭遇しなくてすむし。

ゴミカゴいらないじゃん。

ということで、ゴミカゴに水切りネットを付けている場合は、ゴミカゴにサヨナラして、ネットホルダータイプに変えることをオススメします。

人気の記事

PS5のヘッドフォンはEarPodsで良いんじゃないかと思った話

動かなくなったSwitchBotカーテンを直した?話

Kindle Paperwhiteを第7世代から第11世代に買い替えて思ったこと

新品のエアコンなのに酸っぱいニオイがするのはなぜ