欲しかった電動歯ブラシはこれでした(ライオン 電動アシストブラシ)

電動歯ブラシを過去に何度も使っては、なんか面倒くさくなって使わなくなったり繰り返し、ここ数年は普通の歯ブラシで、その中でもエビスのプレミアムケアハブラシという幅広ヘッドの歯ブラシを使っていました。

電動歯ブラシがなんか面倒くさいなぁとなる理由はいくつかあって、まずは置き場所の確保。
洗面台のそばで電源が近くがある場所が必要で、そこそこ存在感がある充電台と電源ケーブルがちょっと邪魔。

そして、やっぱり磨き方。
手磨きと違って、一本ずつずらすように磨くのがだいたい電動歯ブラシのお約束だけど、最初は良いのですよ、珍しからマジメにやろうとするので。でもそのうち、あ〜時間がないからゴシゴシしたい、ってなって手磨きの歯ブラシに戻ってしまう、なんてことがあり、いつの間にか電動歯ブラシを使わなくなっていたのでした。

さらに手磨きでも、小さいヘッドの歯ブラシだと磨き残しなくきれいに磨くのが面倒なので、幅広ヘッドの歯ブラシを見つけてからは、幅広ばっかり使ってます。

こんなめんどくさがり屋であるのですが、3ヶ月に一度は歯医者さんに定期検診に行っており、そこで歯科衛生士さんにはちゃんと磨けていますって言われます。

で、テレビを見ていたらCM(ライオンの生コマーシャル)で電動アシストブラシというものを紹介していたのですね。

CMの説明で、普通の歯磨きを電動でアシスト、ヘッドのブラシは毛の硬さだけじゃなくて形状が違う(システマやクリニカなどのブランドから5タイプ)ものから付け替えできるということだったので、かなり気になっていたのです。

電動歯ブラシを使っていたとき「このままゴシゴシ動かしたら良くね?」と思っていたぐらいなので、いつも通りに磨いたら、電動でも磨いてくれるのって思っていた通りの磨き方だし、最近使っている幅広ヘッドに似た替えブラシもあるし。

ネットで値段を調べると、本体は1500〜1700円ぐらいでお手頃、替えブラシはタイプによって値段は異なり、2個セットで600円〜850円ぐらいといった感じ。

替えブラシは、同じブランドの普通の歯ブラシよりちょっと高いけど、目くじらを立てるほどの値段差ではないかな。

ということで、本体と、幅広ヘッドのシステマ極上プレミアムを購入。


本体にもシステマのブラシが付属しているけれど、それは使わずに極上プレミアムに付け替え。

電池式で単4電池が一本だけで動作するため、電池を入れても軽い。

ちなみに、充電式なら電池の交換がいらないけれど、そもそも充電という行為が必要だし、充電台が必要だったりするわけで。
製品の特性にもよるけど、この歯ブラシについては電池式である事が利点だと思う。

電源スイッチについては、普通に握ったときに親指側にONとOFFが上下に付いている。

操作は当然、そのON/OFFだけ。わかりやすい。

実際に使ってみると、音波振動で握っている手がムズムズする。
昔使っていた電動歯ブラシでも使い始めは、ナニコレって思っていた記憶がある。
でも、これは慣れないうちだけで、そのうち気にならなくなる。

あと振動している状態で、左右にブラシをゴシゴシ動かすのもなんか最初は違和感があったけど、それも最初だけで、普通に磨けばよいのだと理解すると慣れる。

幅広ヘッドのブラシに交換したことで、直前に使っていたものと磨ける範囲が変わらないので、使い心地もさほど変わらず。

歯磨き粉も、以前のまま。

と、これまでとあまり変化が無いとばかりを書いているけど、コイツで磨き終わったときの歯の表面のツルツル感は、手磨きだけのときより良くなっているのがわかる。

これまでと同じ時間、同じ磨き方なのになんだかよく磨けている感じ。
やることは変わらないのに、結果だけプラスアルファ。
得した気分!

まだ使い始めて2週間ぐらいだけど、今後も使っていきたい歯ブラシです。


人気の記事

PS5のヘッドフォンはEarPodsで良いんじゃないかと思った話

動かなくなったSwitchBotカーテンを直した?話

Kindle Paperwhiteを第7世代から第11世代に買い替えて思ったこと

新品のエアコンなのに酸っぱいニオイがするのはなぜ