でかくない10個口の電源タップ(T-KF04-21010BK)

PCやプレステ、ディスプレイなどデスク周辺の機器のコンセントは、以前に書いたようにサンワサプライの700-TAP020という電源タップを使っていたのだけど、6口では足りず機器が増えるたびに2分岐の延長ケーブル、更に3分岐の延長ケーブルを追加で付けて、結局、合計で9口必要な状態になっていたのでした。

まぁ、カッコ悪いし、延長ケーブルが邪魔。

それともう一つ困り事があって、700-TAP020にはUSBポートが2口ありUSB機器をそのまま挿せるのだけど、このUSBポートを電源としてPC用スピーカーを接続すると、スピーカーにノイズが乗ってしまう。(電源タップ自体か、つないでいる他の機器のせいかもしれないけど)

仕方ないので、USB電源アダプターを電源タップにつないでそれをスピーカーの電源にしていた。(アダプターを通すとノイズがのらない)

結局こんな感じで口が足らなかったり、USBポートも用途によっては使えなかったりしたので新たに電源タップを探すことに。

とはいえ700-TAP020のコンセント部分が回転するところは気に入っていたので、後継機が出ていいないか確認したら、700-TAP020自体が廃番になっていて、同じような回転ギミックが付いた電源タップはなさそうであった。

サンワダイレクトの700-TAP020の商品ページ

とりあえず最低でも上記のように9個口必要なので、10個口の電源タップを探すと、なかなかコンパクトな物がサンワサプライから出ていた。

上面と側面に口が付いていて、長さはよくある上面だけに口が付いている10個口のものよりずっと短い。
これでいいかな?と思ったのだけど、製品説明をよく見ると雷ガード機能が付いていない。

雷ガードという物がどれほど有効かわからないのだけど、これまでのタップには付いていたし、無いよりはあったほうが良いハズ。気分的にも。

同じサンワの機種でTAP-2210に集中スイッチを付けたような、TAP-SP2110Nと言う物があり、こちらは雷ガードも付いていた。

これだ!と思って買おうとしたら、まだ発売前でヨドバシでは予約販売であった。

まあ急いでないし、サイトで見たとき発売日まであと一週間だったので予約購入したのだけど、発売日の前日にメールが来て、それには発売が2024年1月中旬になりましたとの記載が。

そんな事あるの?さすがに来年までは待てんという事で、他のメーカーのものを探すことに。

そして似たような上面と側面に口がついている、エレコムの電源タップを発見。

この電源タップには雷サージも付いているので、安心感もある。

また、集中スイッチが付いていないのも自分的にポイント。
結局スイッチが付いていても使わないし、電源タップを動かそうとして不意にスイッチをOFFにするという事故を考えると無い方が良い。(昔これをやったことがある‥)

ただ、色が黒しかない。電源タップは白が好きなんですけどね。

まぁ、色には目をつむるとしてT-KF04-21010BKを購入。

古い電源タップから入れ替えてみて、やっぱり上面と側面に口がついているのはなかなかスマートに使える。

口と口との間隔がギチギチではないし、端の口は間隔が少し大きいので、よくあるアダプターなら付けても干渉しない。

底面には脚が付いており、引き出すことで倒れるのを防止することもでき、また脚には穴があるのでネジ止めやフックに吊るすなどができる。

ただ自分の設置場所ではこの脚は使っておらず、できればサンワのように磁石が底面にあると良かったな感じ。‥脚に磁石を仕込んだ物を出してくれないかな。

とにかく10個口あっても、前に使っていた6個口のものよりコンパクトに収まったので、スッキリ。

機器が増えて口が足りなくなるまでは、これで良さそう。

人気の記事

メッシュWi-Fiにしたけれどやっぱり元に戻した話(親機Aterm WX5400HPと中継機WG1200HP4)

macOSをMontereyにしてからの困りごと…Bluetoothの設定に詳細ボタンが出てこない

Kindle Paperwhiteを第7世代から第11世代に買い替えて思ったこと

PS5のヘッドフォンはEarPodsで良いんじゃないかと思った話