音楽を聞いていても話しかけられたら答えたい(ambie wireless earcuffs)

今はリモートワークですけど、コロナ前はオフィスで仕事をしていました。資料を作るとか集中したい時に雑音があると嫌なのでイヤホンで音楽を聞いて、周りの音を遮断しようとするのですが、仕事柄質問を受けることが多くて結構話しかけられる。

話しかけられる事自体は良いのだけれど、イヤホンを付けているとそういった必要な呼びかけにも気が付きづらくなってしまうのでどうしたものかと思っていた時に、外の音を取り込めるイヤホンが良いのではと思い色々調べて見ました。

外音を聞けるというと骨伝導タイプが多いのですが、骨伝導ではなくちょっと変わった形のambie earcuffsというイヤホンを選択しました。(自分はワイヤレスタイプを買いました。)



このイヤホン、初見殺しで付け方が全くわからないのですが、耳たぶのちょっと上あたりに後ろから挟み込むようにして装着します。付ける時は片手で耳を引っ張りもう一方でイヤホンを付ける感じなので、普通のインイヤーイヤホンの様に片手で耳に突っ込むということは難しいです。

装着しても音が出てくる穴と耳の穴が見た目にも離れていて、これで本当に大丈夫なの?と思ってしまうのですが、ちゃんと聞こえます。でも密閉されていなので音漏れは大丈夫なのかと思うのですが、これも音を大きくしなければ大丈夫で、静かな場所で節度ある音量(!?)で使う分には周りの人には全然音漏れはしないです。実際、最初にオフィスで使った時に隣の人に「聞こえる?」って聞いてみましたが全然聞こえておらず、普通に使う分には音漏れは平気でした。

では外音の聞こえ具合はどうなのかというと、上記の通り耳の穴はふさがっておらずパッパラパーの状態なので音楽を聞いていても呼びかけられたりしたらしっかり聞こえます。音量にもよるけど、BGMのように音を聞きながら会話するというのも成立します。

装着感ですが、耳自体をそれほど強くない力で挟んで付けているので、付ける場所がハズレていなければ数時間付けていても痛くなったりしないです。ただ、場所によっては痛くなる場合もあるので、耳の形によってはどうしても痛くなってしまう人もいるかも知れません。

この様にある程度の雑音は音楽を聞くこと気にしなく済むし、呼びかけには応えられるということで、オフィスで長時間つけっぱなしにするのにはとても適していました。

ただ、外で使うとどうなのかというと普通のイヤホンでも車が通るそばで使った場合は聞こえづらくなりますけど、ambieの場合はほぼイヤホンからの音がかき消されます。特にラジオやポッドキャストといった会話中心のコンテンツを外で聞くには向いていないと思います。
この辺はヘッドホンの特性に合わせて適材適所と言う感じですね。

あと使ってきてイマイチだなと思うところが、まずイヤホンから出ているケーブルが細くて長いこと。ケーブルに余裕をもたせているのだろうけど、ちょっと長すぎると思う。耳につける時によじって付けてしまうとケーブルが顔にあたるし、しまっておく時に絡まりやすい。

それと音が出る穴のシリコン部分は交換できるようになっているだけど、使っていると外れてしまう。
外れてもすぐ見つかればいいけど、どっかに行った場合は別売りの物を買う必要があります。


自分も取れてしまったのですがなくさず残っていたので、取れてしまった本体の粘着剤を取り除いたあとに両面テープ(ナイスタックのような薄い両面テープがおすすめ)を小さく切って、本体に貼り付けそこに抜けた先端部分を再度取り付けたら元通りにつかえてます。

現在も仕事中に活用しているのですが、ambieから新しいワイヤレスのヘッドホンが出るようですね。(それに伴って現行のワイヤレス版は販売終了となるようです。)
ambie NEW MODEL 先行予約スタート! | 耳をふさがないイヤホンambie(アンビー)
完全ワイヤレス版なので、上で書いたケーブルが長すぎ問題とか解消できそう。
欲しいかも。

続き(上記の新モデルambie sound earcuffs買って後の感想)
ambie sound earcuffsを半年使ってきて思ったことあれこれ


人気の記事

新品のエアコンなのに酸っぱいニオイがするのはなぜ

動かなくなったSwitchBotカーテンを直した?話

macOSをMontereyにしてからの困りごと…Bluetoothの設定に詳細ボタンが出てこない

Kindle Paperwhiteを第7世代から第11世代に買い替えて思ったこと