マスクとメガネとくもり止め

マスクで眼鏡が曇る人のイラスト(女性)

何年も前から花粉症気味で春先はマスクをすることが多かったのですが、「春先」と言ってもスギ花粉は2月の後半から4月の前半が最盛期。
この時期って結構寒いので、外でマスクをしているとメガネがくもりますよね。
くもりを回避するため、花粉なら鼻炎薬を飲んでマスクをしないということもできたのですが、さすがにこのご時世、花粉症に関わらずマスクをするのが当たり前となりやっぱりメガネのくもり対策が必要になりました。

以前くもりどめ対策としてこの「フィッティ ノーズパッド」と言うマスクの上端にマジックテープのようなものでくっつけて顔との隙間をなくすパッドを使ったことがありました。

これは結構良くて、ぴっちり隙間を埋められれば、普通に呼吸をしたぐらいでは全然呼吸が上にもれず、メガネがくもりません。ただ、その分マスク内に水分が残るので、結構マスクがシメシメになります。
何度もはがしてつけることができるので、マスクを変えても使えてそこそこ長持ちしてました。
最近はこの商品あまり見かけなくなり無沙汰だったのですが、ふと今値段を見るとちょっと高いですね。。(昔買ったときは300円代だったハズ)

ノーズパッドも悪くはないのですが、標準的な形の不織布マスクには使えるのですがそれ以外のデザインだと使えないこともあり、今回はメガネ自体がくもらないようにするものを探しました。

メガネに塗るタイプや拭くタイプのくもりどめがあるのですが、今回は拭くタイプの「フォグストップ缶」と言うくもり止めを購入しました。
本当に拭くだけで効くの?と言う印象だったのですが、試してみたくて。

こちらの使い方は、あらかじめきれいにしたメガネをこの缶に入っているクロスで両面を5〜10回拭くというもの。

拭いた後に、結構寒い中、おさんぽをしてきたのですが、マスクからばふーって息がメガネにあたっても、見事にくもらなかったです。感動。効果あるもんなんですね。
ただ、ちょっと拭きが甘いところはくもり気味になって見辛くなったりします。
効果は一日は持つみたいですが、次の日には弱まっているのでまた拭き直したほうが良いです。あと、きれいにした後に拭くのもポイントみたい。

家を出る前のちょっとの手間で、メガネがくもるという不快さが軽減できてこれはアリでした。

人気の記事

新品のエアコンなのに酸っぱいニオイがするのはなぜ

動かなくなったSwitchBotカーテンを直した?話

macOSをMontereyにしてからの困りごと…Bluetoothの設定に詳細ボタンが出てこない

Kindle Paperwhiteを第7世代から第11世代に買い替えて思ったこと